ルーツを辿る:  フォルケンローダ

1:1コンサートは1年前のサマーコンサート・フェスティバル “Sommerkonzerte Volkenroda 2019 “で誕生しました。35回の1:1ミニコンサートが修道院の建物や敷地のあらゆる所で催され、山羊小屋からワインの貯蔵所、または花咲く牧草地などが、コンサートの為のホールに仕立てられたのです。ミュージシャンとリスナーはホストに案内され、’始原の小屋’とも称されるル・コルビジェの影響を受けた素朴な建物で、思いやりに満ちて互いを見つめ合いました。大変感動的でした。

去年の音楽祭のモットーである “Einfach—素朴に” に沿って始まった1:1コンサートは、このロックダウンの期間にどんどん成長し、まるでポジティブなウイルスの様に力を増し拡がっていきました。来週、この1:1コンサートが生まれ故郷であるここテューリンゲンに帰って来る事は、大きな喜びです。実際の音楽祭は2021年8月まで延期を余儀なくされましたが、私達は  ”(社団)フォルケンローダ・サマーコンサート友の会”の創設に立ち会います。何と、設立に当たったメンバーの1人1人のために、1:1コンサートが開かれるのです!